ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.8

『ISOは、初めに方針ありき』


40名の製造業でシステム構築をしている時、このあたりは面倒だから手を抜けないだろうか、あるいは、審査からのがれることはできないかの話が出てきました。この時ISO認証する目的は何んですか、品質方針になんと書いていますか、と確認することにしています。“顧客の期待に応える”でしたら“手を抜くこと”がよいかどうかが明確になります。単に、登録証を早く、安く、楽にほしいだけでは、“身の丈に合わない”コストアップの体質を作ってしまうからです。ISOはトップダウン型マネジメントシステムです。トップダウン型の特徴は、“初めに方針ありき”、品質方針を実現するために組織を作り、仕事の手順を決め、確実に実行し、そして、決めたことと現実のズレの発見、さらに効果的な方法を探り出すことです。もし、迷いが生じたら品質方針に照らし合わせて“これで良いか”と考えることです。


文・末広繁和
更新日:2001-02-15 10:45:35

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。