ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.49

『ISO9001は標準化を求めていない』


誤解されている方が多いが、IOS9001はシステム規格です。品質管理の規格ではない。特に標準化を進めるための規格でなく、マネジメントシステムの規格です。マネジメントシステムとは、ひらたく言えば、組織がより効果的に付加価値を生み出すための仕事の進め方といえます。

新聞記事に、ある企業がISO9001の認証を受け、その成果として社員の誰やっても仕事が同じようにできるように文書化ができたとありました。想像するには、その企業は標準化のための文書化を進め、そして、文書に押しつぶされ幹部社員が運用維持のためにサービス残業が増える気の毒な姿が脳裏に浮かびます。

ISO9001は、標準化は求めていません。仕事の工程をプロセスとして捉え、そのプロセスの関連性を明確にし、システムとして組織のパフォーマンスを継続的改善する手順をどのようにするか求めています。手順というのは、仕事の順序と責任を示したものです。


文・末広繁和
更新日:2003-07-20 11:05:01

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。