ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.420

『審査機関マーク入りの名刺』


昨年、4月からISO統合マネジメントシステム(ISO9001+ISO14001)の構築の準備を開始し、12月に認証した、10名のプレス屋さんを訪 問した。現場から3名の若手社員が認証機関マークの入った名刺をもって挨拶に来た。3人ともにこやかで自信に満ちている。何か逞しさを感じた。

この企業は、ISO準備当初から毎回1時間全社員の研修をしてきた。研修はすべてワークショップ形式で ”人の話を聞き一言話してみよう”というグランド ルールで短時間対話法で進めてきた。規格の解釈よりも「良い会社」にするためには一人ひとりの社員に考えるエンジンを付け、付加価値を稼ぎ出すための教育 をしてきた。

現場も見させていただいたがやはり変わっている。にこやかで活き活きしている。社長に聞いてみると全社員の名刺を作ったという。国際規格を作り上げたというプライドを感じた。


文・末広繁和
更新日:2013-03-19 04:12:57

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。