ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.410

『え、、、環境マネジメントの目標は利益でいいんですか』


ISO14001やエコアクション21の環境ネジメントシステムの目標管理で、電気、紙、ゴミを何年間も継続的に目標にしている企業は多い。経営者や担当者からは3年もすると来るところまできてしまったので目標値が作れないという。

経営者からは環境マネジメントシステムは導入したあとすぐは目に見えて、電気、紙、ゴミが減り、コストダウン効果を感じたが、時間がたってみると維持経費の割には、効果がなく、今はどうしようかと思っているという話を聞くことも多い。

マネジメントシステムが問題ではない、マネジメントシステムをどのように使うか、使う側の目的の問題である。環境マネジメントシステムの目的の一つに環境 パフォーマンスの向上がある。歩留まりを上げる。生産性をあげることは環境負荷を減らすことなので、利益を目標にした方が分かりやすい。


文・末広繁和
更新日:2013-03-18 01:18:53

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。