ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.270

『体で感じるセミナー(ファシリテーション)』


新幹線上田駅前に、上田市の運営する上田情報ライブラリーという駅前図書館がある。土曜、日曜、夜間の午後8時30分まで開館し、仕事帰りの人達が立ち寄り、図書館としての情報収集、就労支援、ビジネス支援などを行なっている。昼間時間の取れない経営者や社員のための夜間ビジネスコースを開きたいとの話があり、上田駅前という地の利と夜間開館という時間の利を生かし、誰でも気楽に参加できるスタイルの「仕事の基本セミナー」を開催することにした。仕事の基本として、何らかの組織に属している人に、一番関心の高い、会社の利益と自分の給料の関係からスタートすることにした。セミナーの進め方は、従来型のセミナーをブレイクスルーした、参加者が自分で答えを出すという、気付きを引き出す方法を開発し進めた。講師は、講師として教えるのではなく、ヒントを与えるための、短時間のレクチャーと気付きを引き出す、話し合いを進めるファシリテーターの役割を担うことで、講師自身も楽しむことにした。一人ひとりが、会社、個人、利益、改善、経営計画など断片的に知識や体験を持っているが、他人と話すことで、個々立場で、自分で気が付くことが重要である。体で感じるセミナーといってよい。進め方の手順を紹介する。


テーマ「利益とは何か、会社と自分の関係は」


1、ワーク
アイスブレイク(心の氷を溶かす)
犯人探しと恋人探し(人の能力を引き出す話合い)
2、レクチャー
利益の構造図から会社と自分の関係を知る
利益を見えるようにして、目標に向け行動する
3、ワーク
自分にとって利益とは何か(ただ、儲かればいいのか)?
4、レクチャー
何が重要か、何から改善するか(パレート図)
どの製品が儲かるか、儲かる顧客はどこか
5、ワーク
給料を増やすために、自分は何ができるか?
振り返りワーク

参考 新聞記事


文・末広繁和
更新日:2007-07-10 12:38:59

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。