ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.248

『ブレイクスルー思考を知る、理解する、体験する場』


10月21日(土)日本企画計画学会の全国大会が長野県上田市で開催される。全国大会の運用の方法についてご紹介する。会場に到着からお帰りになるまで、大会そのものに参加していただくように企画した。

内容を紹介すると、全国大会の狙いは、ブレイクスルー思考を知る、理解する、体験する場を提供している。

●知る

基調講演 「ファシリテーションとパパ・ママ創造理論」
日比野省三(中京大学教授、日本企画計画学会会長)

・ファシリテーション:人の多様性を認め、人の能力を引出し、問題解決のためチームによる協働作業を通して、合意形成する技術。

・パパ・ママ創造理論:システム(=物事)の本質(=目的)から考える従来思考(デカルト思考)と異なる思考パラダイム。「異種結婚」で大ヒット商品をつくる。

●理解する
分科会での各3名によるレクチャー

第1分科会「ブレイクスルー思考とパパ・ママ創造理論」

1.「豪雨時交通対策分析とブレイクスルー思考に関する研究」
藤田素弘 名古屋工業大学大学院助教授

2.「ブレイクスルー思考的品質開発システム〜パパママ理論による三層構造モデルのレビューと進化〜」
金子與道  日東電工(株)

3.「使用済み発泡スチロールの再利用開発」
宇野親治  (株)小諸プラスチック

第2分科会「ハイブリッド思考とファシリテーション」

1.「ブレイクスルー思考を活かす質問方法」
末広秀樹  (有)東京コンサルアイ

2.「意識と気付き」
中野三智子 花あそび

3.「行列のできるセミナー集客システム」
新田詔三  ブレイクスルー研究会

●体験する

基調講演及び分科会発表をネタにしてグループ討議でブレイクスルー思考はどのように使えるかを体験してもらいます。グループ討議は、ブレイクスルー思考アプローチの4つの手順を踏む。

考え抜く ;場の設定スキル、「分解で感じたこと」を個人作業でまとめる
拡げ抜く :アイデア展開スキル、グループ作業「分科会で感じたこと」書き出す
まとめ抜く:システム化スキル、グループ作業「ブレイクスルー思考をどのように捉えたか」
やり抜く :合意形成スキル、「ワークの進め方、ブレイクスルー思考はどのように使えるか」

最後には参加者個人が、明日からの行動にどのように役立てるかを考えていただくという、しくみづくりをした。

まだ、申込は間に合います。

申込書は?こちら


文・末広繁和
更新日:2006-10-10 12:29:43

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。