ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.198

『筋の通った目標管理は社内ムードを変える』


商工会主催による後継者育成講座の仕上げの勉強会として、メンバーの会社を訪問した。まず、皆が驚かせられたのは、訪問企業の後継者(32歳)の凛とした、自信に満ち溢れた応対である。

25名の製造業である。もちろん、後継者教育だけで変わったのではなく、この1年の間にお父さんである社長のケガとか、6ヶ月間でISO9001の認証を受けるなど、陣頭指揮を執らざるを得ない場面が多く、短期間にいろいろな経験にしたことによる。

現場に入ると、以前にも増して社員が生き生きしている。しかもきちっと挨拶ができる。現場はムダが見えるように5Sが徹底され、特に不良品、残材の識別が徹底している。仕事が増えているのに工場内が広く感じる。

社員と後継者の距離を一挙に縮めたのは、目標管理の進め方であった。後継者育成では、経営者の考える”あるべき姿”から各職場まで利益を軸として、筋の通った経営計画、実現のための目標管理を学習した。

後継者は、全社員一人ひとりに、会社の利益を増やすために何ができるか、話を聞きながら目標を決める手伝いをしながら教え、掲示し、月朝礼で達成を確認しながら、さらにどうしようかという進め方をしてきた。

また、品質方針を重視し、全員が暗記している。1から3回目の目標管理表を見せていただいたが明らかに進化している。社員と後継者との距離間、信頼感、達成感が感じられより、企業と社員の距離が縮まっていた。


文・末広繁和
更新日:2005-10-17 12:11:15

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。